不貞行為(浮気)|離婚の法律相談は愛知総合法律事務所の弁護士にご相談下さい!|日進赤池事務所

ご相談窓口

052-680-8501

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-680-8501

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

離婚の用語説明

浮気について(その他)

 不貞行為をした人から、「離婚をしたい」という法律相談を受けることがあります。 婚姻関係が破綻していれば、離婚できるのが原則です。
 但し、破綻したことについて責任のある配偶者(有責配偶者)からは、原則として、離婚請求を認めないとするのが判例となっています。
 ここで、「原則として」と書いたのは、例外があるからです。

最高裁昭和62年9月2日判決は、

  1. 夫婦の別居が長期間に及んでいること
  2. 未成熟の子供がいないこと
  3. 社会正義に反するような特段の事情がないこと

などを条件として、有責配偶者からの離婚請求を認めるという判断をしました。

 「夫婦の別居が長期間」とは、いったいどれくらいの期間をさすのでしょうか。 これは、一概には言えません。

 6年の別居期間で認めた裁判例もあれば、10年以上経っていても認めなかった裁判例もあります。 夫婦の生活状況、経済状況、子供の有無、その他、有責配偶者からの離婚請求が信義に反すると言えるかを、総合考慮して決めることになります。

 別居期間が大きな基準にはなりますが、例えば、別居期間中もきちんと生活費を支払っていたかなど、経済的な事情も判断に影響します。

 一度弁護士にご相談下さい。