離婚 解決事例|夫側で財産分与0円で解決できた事例|日進赤池事務所

ご相談窓口

052-680-8501

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-680-8501

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

夫側で財産分与0円で解決できた事例

ご相談内容

 妻から離婚調停が申し立てられ、ご自身で調停期日に出席したけれど、どのように反論すればよいか分からないということで、ご相談にいらっしゃいました。

解決事例

 既に別居期間が10年以上経過していたことから、調停で離婚を拒否したとしても、その後離婚訴訟を提起されれば離婚原因ありとして離婚請求が認められると考えました。そのため、調停において、離婚条件(財産分与額)が依頼者に有利になるように交渉をしました。
 依頼者名義の預貯金や保険があったのですが、これらは、依頼者父からの相続や贈与で取得したものであり、その証拠(遺産分割協議書)がありましたので、それをもとに特有財産であると主張しました。
 結果として、財産分与額0円で離婚条件がまとまりました。

ポイント

 相続や贈与などで取得した財産につきましては、特有財産にあたり、財産分与の対象財産からは除外されます。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。